スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

100万馬券を獲る!!驚異の「競馬ブック」スピード指数100円活用術

 

100万馬券を獲る!!驚異の「競馬ブック」スピード指数100円活用術

予想時間たった5分で、特大万馬券が的中する!2005年『鳴尾記念』3連単1037230円的中を筆頭に、ディープインパクトが国内で唯一後塵を拝した2005年『有馬記念』では、ハーツクライ&リンカーン(1着&3着)を3連単2頭軸にして的中など、競馬ファン震憾の実績を紹介。「競馬ブックスピード指数には驚きの利用法があった。

ルーサー井ノ上
1960年1月生まれ。大阪府出身。上町中学校、明星高等学校甲南大学法学部卒業。1992年ミホノブルボンに出会うと同時に西田式スピード指数に出合い、衝撃を受け馬券研究を始める。試行錯誤を重ねたのち、『競馬サイエンス』を経て『競馬ブック』のスピード指数を使った独自の馬券術を確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)











【この本の口コミ情報】
普段から買い目が多くて困っている私などには、
けっこう役に立つ本だと思います。
フルゲートのレースでも、ほぼ機械的に約7頭〜10頭に絞ることができます。
その中から軸を1〜2頭選定して、馬単、三連単で残りの馬にマルチで流す。
的中率より回収率重視。大まかに、このような内容の本かと思います。

実際に10回のレースで試してみたところ、
絞った馬だけで3着までを占めたケースが9回でした。
その中には万馬券も2回ありました。
たまたまこの時はうまくハマっただけかもしれませんが、
効率よく買い目を減らすという観点からは、とてもよくできていると思います。

問題は軸馬の選定です。
馬単の場合は1頭、三連単の場合は2頭の軸を決めねばなりません。
本書に書かれている方法で、機械的に軸を決めることもできますが、
私は自分なりに考えて軸を選定しています。これがけっこう悩みます。
軸の選定を間違えたために、10万馬券を取り損ねたこともあります。
本書は基本的に理詰めで書かれている部分がほとんどなのですが、
唯一、この軸馬選定の部分だけは、「なぜその馬が軸なのか、
いままでのケースだと軸はこっちじゃないのか」
と突っ込みたくなるような箇所もあるにはありました。

それでも、その自己流の曖昧さが幸いして大きく当たったり、
曖昧さゆえに軸がブレて、はずしてしまったりするから競馬はおもしろい。
本書の利用法はいろいろあると思いますが、
自分なりの馬券法をある程度確立されている方は、
その馬券法にミックスして使ってみるのもいいかもしれません。


今までのこの類の本は本当に結論が出るまで相当時間がかかりものばかりで、中には電卓を使って数式を計算するようなものまであって、競馬を予想すると言う本来の楽しみ方が減るようなモノが多かったのですが、これはわかりやすいし、実に単純・明快・簡単。自分でいろいろ考える競馬予想の本質である「予想」という楽しみも残っていて本当にいいと思う。こういうやり方があったのかって感じ。実際実践しても、結構イケた。100%的中するものなんてありえないから、しばらくはこれでやってみようと思う。


6/27福島11Rのテレビユー福島賞の3連単を見事に当てることが
できました。他の皆さんのレビューほどの配当ではないですが(56,150円)
それでも1日目にして獲れたのは大きいです。

ABC馬から軸を選ぶのがやはり大変です。本の通りなら人気薄の2頭を
選ぶことになりますが、実際にそうしたせいで選ばなかったもう1頭と
組み合わせてれば・・ということにもなりそうです。あとは指数の数字をどこまで
低くするのを有りと判断するかと、どのパターンを重視するか(直前指数、最高指数
安定指数など)でかなり軸馬が変わってしまう点が難。


この本を買って1週間、書かれてる内容の通りに予想しました。
そしたらいきなりオークスの44万馬券をゲットしちゃいました!!
馬単も購入してたので合計48万♪もちろんこんな高額的中は初めてです。
これからもこの調子でがんばりたいと思います♪
この本は私のバイブルになりそうです。本当に感謝しています^^


かなりのヒット作です。先週購入後初めての週末がきました。土曜日は仕事があり購入しませんでしたが、日曜日に阪神競馬場で試してきました。午前中は購入するレースが無く遊びで購入していましたが、午後の阪神7Rで馬単約¥68,000-馬券を的中できました。300円購入だったので約20万の払い戻しでした。最近購入した馬券本やソフトに比べたら比較にならない程のヒット作です。しかも買い目の出し方は最高に簡単です。私は自分流で軸馬抽出にこの本を利用し相手は何十年か前に発売されていたUさんの馬券本で相手馬を絞って勝負しています。開始1週間ですので買い漏れがありましたが、この日は他に馬単5万馬券も獲れてます。他の本を購入予定の方は資金をこちらへ・・・


競馬のツボ〈3〉予想の精度を上げる方法論

JUGEMテーマ:競馬馬券予想
 
JUGEMテーマ:競馬
 

競馬のツボ〈3〉予想の精度を上げる方法論


予想の精度を上げるためのシリーズ本。

当然、3冊目なので前2冊と繰り返しになる部分はありますが、それでも秀逸の1冊。

誤解しやすい情報の考え方、展開を考えるための脚質の考察、調教師と騎手からの情報の処理などを作者と共に考察していきます。
100万馬券ゲット!などという謳い文句や自慢はなく、精度をあげて買い目を絞ることを考え続けます。

3冊全部読了した結果、まず競馬新聞からの情報の意味を考え、競馬場での情報の意味をまた考える習慣が身につきました。その結果、当たり外れの全てに意味が生まれ、喜びも10倍、反省も10倍になりました。

本の通りに買えば的中!といった本ではなく、自分で考えて的中させるための馬券教本です。競馬を楽しみたい人に!











【この本の口コミ情報】
この本を読んですぐ実践したら10レース中9レース当たりました、複勝ですが。



究極攻略カウンター勝ち勝ちくん2.1 グリーンスケルトン (大型本)

  
JUGEMテーマ:ぱちんこ
 

究極攻略カウンター勝ち勝ちくん2.1 グリーンスケルトン (大型本)


パチスロ攻略の決定版、勝利の小役カウンター『勝ち勝ちくん2.1』に新色がデビュー!! 高性能機2.1が持っている「打ち始めゲーム数自動計算機能」「長押し高速カウントアップ」「データセーブ機能」などの便利機能と鮮やかに透ける緑色ボディーが勝利をガンガン運び込む『究極攻略カウンター勝ち勝ちくん2.1 グリーンスケルトン』。価格も嬉しい据え置き2200 円、たった110枚のコインで手に入る勝率激アップアイテムを今すぐゲットだ!!!!


「札幌ダート1000mは○番と▲番の2頭軸の3連複総流しを買うだけで、過去3年間(06~08年)で軽く100万超えのプラス!」

ラップ魔術師“半笑い”が、類稀な才能と分析力に裏打ちされた「馬券の獲りどころ」を大胆に公開!

競馬に勝つための5大要素「先行力」「調教」「斤量」「枠順」「実績」を懇切丁寧に解説。

「札幌ダート1000mは○番と△番の2頭軸の3連複総流しを1000円ずつ買うだけで、過去3年間(06~08年)で軽く100万円超えのプラス!」類まれな才能と分析力に裏打ちされた常勝理論を一挙大公開。











【この本の口コミ情報】


機能が増えて便利になりましたが、液晶の表示が少し薄い感じがあります
全体的ではなく一部。特にゲーム数の1の位のところ。11にすると1が薄いのがよくわかります
これはすべての製品でそうです。
白夜書房が近いので、直接交換に行って何個か見ましたが全部そうでした
見る角度によってなので、気にしなければ結構良い製品だと思いますよ


パチンコ「30兆円の闇」

 
JUGEMテーマ:そのた
 
 

パチンコ「30兆円の闇」


国内のパチンコ人口、1500万人。全国には1万店を優に超すホールがある。「鉄火場」では日々巨額のカネが動く。その市場規模は米カジノ産業をはるかに凌ぎ、自動車などの基幹産業にさえ匹敵する。しかし、位置付けはあくまで「ギャンブルではなくレジャー」。警察による裁量行政と業界支配は揺るがない。結果、ホールは「巨大な密壺」と化し、無数のアリがたかる。結果的に割りを食うのはファンである。ホール経営者、メーカー幹部、カバン屋、ウラ屋、ゴト師から警察官僚まであらゆる「業界関係者」に直撃取材。パチンコ産業に潜む「闇」を浮き彫りにする。


「札幌ダート1000mは○番と▲番の2頭軸の3連複総流しを買うだけで、過去3年間(06~08年)で軽く100万超えのプラス!」

ラップ魔術師“半笑い”が、類稀な才能と分析力に裏打ちされた「馬券の獲りどころ」を大胆に公開!

競馬に勝つための5大要素「先行力」「調教」「斤量」「枠順」「実績」を懇切丁寧に解説。

「札幌ダート1000mは○番と△番の2頭軸の3連複総流しを1000円ずつ買うだけで、過去3年間(06~08年)で軽く100万円超えのプラス!」類まれな才能と分析力に裏打ちされた常勝理論を一挙大公開。








名作ドラマリターン 過去から現在の懐かしいドラマ・人気ドラマを紹介しています。
絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!


スウェーデンのGDPに匹敵する30兆円という「産業」規模に対する利権に絡む機械メーカー、ホール、警察と、結局はお金を吸い取られる愛好家の構図が丁寧に記されています。
パチンコ、パチスロ業界は警察の「植民地」とは鋭い指摘でした。様々な信じられない事例が紹介されています。
CR機がでてから、パチンコはすでにギャンブルなのに、法律の解釈で現状維持を決め込む理由も説得力があります。
さらに「裏ロム」などの具体的な儲けの手口には驚きました。
自分自身はパチンコ店にはトイレを借りる程度の利用ですが、のめり込んでいる知人が何人かいるので、この本を紹介します。


パチンコ業界というものが解らないで色々と読んでみたが
この本はパチンコについて書かれた
色々な本の中身を網羅している
基本中の基本を読みたい人にはお勧めです

多くは既に語られていることではあるが、パチンコ産業の仕組み、周辺のビジネスを合法/非合法含めて分かりやすくまとめている。
パチンコは、全国1万6千店舗、関連業種含めて40万人が従事する30兆円産業。自動車産業が41兆円、医療産業が31兆円なのに比べれば、いかに巨大な産業かよくわかる。
結論は、客以外にとっては、とにかくおいしい業界だということ。同時に、明白にギャンブルなのに、法整備がされておらず大きな矛盾を抱えているということ。
ホールは設定をコントロールし、日中もサクラをつかい当り台をつくり、一般客には遠隔操作で出玉を操作し、出たら出たで、計数機では数%少なくカウントするなど、あの手この手で客から金を巻き上げる。
ホールやメーカーは警察や政治家への賄賂で住民運動や不正への批判をかわす。警察は特に、台の検定や諸々の監督・指導の権限がある以上、接待漬けになる。
同時に、メーカーやホールの経営者は1億円以上の年収、多くの裏金を得る。社員も高給。また一部は北朝鮮などへ送金される。

巨額の富と多くの矛盾、犯罪、警察の腐敗、それらを支えているのは、100万人以上といわれるパチンコ依存症のファンを含む1500万人の客である。構造的に、彼らが報われることはないことが明らかになる。

業界の矛盾をよくまとめたルポだと思うが、真に業界に警鐘を鳴らすのであれば、この産業を支えるパチンコファンの状況、つまりパチンコへの依存、親の育児放棄、破産、闇金融など、パチンコによって身を滅ぼしていく人々のレポートを、より充実させたほうが説得力があったかと思う。


その闇の深さに慄然としました。
著者の身の安全を心配してしまうほどに。
(今Wikipediaで調べたら、山口組に襲撃されたほどの
現代屈指のジャーナリストなのですね。寡聞にして
知らなかったことを恥じます。これからもっと氏の
著書を読もうと思います。)

日本はこんなにも病んだ国になっていたのでしょうか。
パチンコ・パチスロは最早、遊興どころか博打の域も超えて
麻薬と同じ世界になっているのですね。

もう遊興に戻すこともできないでしょうから、一刻も早く、
公営博打として規制すべきと考えます。


最強デジタル麻雀

JUGEMテーマ:麻雀
 
JUGEMテーマ:麻雀ゲーム
  
JUGEMテーマ:麻雀

最強デジタル麻雀

小倉孝プロはプロ1年目で日本プロ麻雀協会のビッグタイトルである第3期雀竜位を獲得し、以後も第4期雀竜位、第7期雀王など数々のタイトルを獲得した若きトッププロです。本書では小倉プロの代名詞「デジタル麻雀」の真髄と言うべき打ち方を披露しています。また、自らも強豪プロである土井泰昭氏の手によってその打ち筋の斬新さ、優秀さがわかりやすく解説されています。
「字牌はダブ東から切る」「マンガン以上でもリーチをかける」などいままであなたが正しいと思っていたことがあっさりと否定される、まさに目からウロコの一冊です。












【この本の口コミ情報】


対象は初級中級上級全員だ。
それぞれ新しい発見があるだろう。
オンライン麻雀の速い鳴きについていけない人にはかなり役立つ。
鳴きが下手・苦手、速鳴きは抵抗があると自覚する人は思い切って買うのがおすすめ。

今まで中々説明されてこなかった鳴きの部分だが、自分の鳴きについて
この本を契機に再考してみてほしい。
今まで赤ありの鳴きの本はあったが、小倉の鳴く基準はシンプルで
わかりやすい。

鳴きの基準以外もリーチの基準、押し引きの基準、手作りの基準などシンプルで必要十分に説明してある。
小倉の本は上記の判断基準をしっかり述べているので今日から意識的にスタイルを変えられる部分が多い。

おしえて科学する麻雀と最強デジタル麻雀は食い合わせが良く、
かなり強くなれると思う。
できればあまり周りの人にすすめたくない、そんな本である。


なかなかの内容で、長村がデジタルと言っていた頃が笑えます。かなりドライというか極論という気のする部分もあるので、全部が全部優れていると言い切れるわけではないのですが、第1打字牌切り禁止といっている雀鬼流と、ダブ東切りの本著では後者を支持したいと思います。


役牌を絞ることに固執していた自分にとってはとても斬新な一冊であった。
数牌の有効性だけでなく、字牌を活かす部分についてなどももちろん述べられてある。

オカルトを一切排除した安定的、常勝的な麻雀が打てるようになれるかもしれない。
今もし麻雀に悩みがある、何かしら本を一冊買いたいのであれば自分はこの本を強く勧めたい。


5万円を1906万円にした双馬式

 
JUGEMテーマ:そのた
JUGEMテーマ:競馬
  
JUGEMテーマ:ギャンブル
JUGEMテーマ:鉄板・競馬予想

5万円を1906万円にした双馬式

××ローテで話題を呼んだ稀代の大穴予想家が1年半で超進化
馬券年収1900万超えの競馬セレブに!
その方法論を明かす待望の第2弾単行本!
【主な内容】
●コイツとローテで鬼に金棒!馬と馬場のクセの見抜き方
●双馬になる!100円買いから馬券大富豪へのステップ6
●激走馬が見つかる!短縮・延長好走馬240頭リスト
●中央競馬各コースの短縮・延長馬場のクセ
●短縮・延長で買えるジョッキー・買えないジョッキー
●おなじみ激変ローテ・血統リスト----双馬の予想兵器、全公開!













【この本の口コミ情報】
いんちき臭いタイトルですが、中身は悪くないです。競馬最強の法則の単行本らしく前半部分はどうでもいい内容。
しかし、中盤からのローテーション、条件替わり血統の使い方、馬場の判定方法などは独特で面白い。
まだ、レースで実際にためしてはいないが、穴馬を探すには便利な方法だと思う。
選別には手間がかかりそうだが。
袋とじの中身の馬券生活者としての馬券の買い方云々は、一般人にはあまり関係ないかな?
長く使えそうな本。

今人気の電子タバコタバコをやめるならコレ!
芸能人・アイドルの写真集を見る
佐々木希のイメージ動画をみる
野球の本紹介
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
懐かしのドラマ

100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ 馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる

 
JUGEMテーマ:競馬
JUGEMテーマ:そのた
  
JUGEMテーマ:鉄板・競馬予想

100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ 馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる

天皇賞春の3連単22万1080円を6点で当てた調教捜査官・井内利彰の新刊。
馬が生き物である以上、「調子」は絶対に無視できないはずです。しかし現実は、明らかに調子の悪い馬が1番人気になっていたり、絶好調の馬が人気薄だったりと、「調子」は意外と人気に反映されていません。本書の目的は、調教欄から「馬の調子」と「厩舎の勝負気配」を見抜くことです。調教欄の正しい読み方がわかれば、不調の人気馬、絶好調の穴馬を判別できるようになり、馬券で勝つための究極の作戦は「絶好調の馬だけを買うこと」だと気付くはずです。








血統(この種の競馬本は数多い)、
好きな人から連想した数字(織田作之助の小説「競馬」参照)、
パドックでの直観予想(これで予想したことはない)など他様々な予想方法がある。
私自身は血統を予想の考慮要素にしてはいたが、調教内容を自分で判断し予想はしていなかった。

ハッキリ言って、調教内容とレース結果は他の要素(血統など)と比べ、
相対的に相関関係は高い筈だと分かっていた。
しかし、しかしである。
その手立てが無かったのである。
どのように競馬新聞での調教欄を咀嚼すれば良いのかが・・・。
その問題を解決するのが、本著である。

概括すると、
a 調教コース
b メニュー(馬なり・強め・一杯)
c 調教時計
d 調教を見たであろう(見てないかも)記者の主観的記事

上でも書いたが調教欄からは考える手立てが無かった為、
私は予想する際 a b cを考慮要素としておらず、
d を鵜呑みにし予想せざるを得なかった。
この点、本著では a b cを予想する際の考慮要素とできるように
過去の事例を用い調教適性について理路整然と体系的に纏められている上、
他にもローテーションと調教本数、調教場所、厩舎別内容、
各競走条件での必勝調教パターンなどを緻密に分析し詳しく解説しており、
私にとって調教という新たな視点から競馬の楽しみを増やすことが出来、
徹底した著者の調教からのレース予想には本著が新たなクラシックテキストにも成り得ると感じた。

本著によって、ややもすると調教面からの素人予想を超え、
調教師が行った調教メニューそのものに文句を付けたくなる調教捜査官が
数多く出現するかもしれないとも感じた。

その他、サラブレッドという芸術品を中心とした競馬社会を真摯に観察する著者の姿が
本著には沢山見受けられ、今まで私が読んできた競馬本とは一線を画する。








【この本の口コミ情報】

本屋の競馬コーナーへ行ってみていつも感じる事ですが、最初に説明をチラッと書きページ数の大半を無駄なデータのみの転写で済ませている内容の本や、本の所々に月会費を必要とする自分のサイトの紹介をしているものであったりと読者を馬鹿にしているような不誠実な本が多く、「他でも聞いたことあるような事書いてるな」だとか「自分の理論をその本で完結できんのかい」とツッコミを入れたくなるエピゴーネンが書いた使えない本が腐るほど出版されているという事を感じます。
しかし、この本は上記に見られるようなトリビアルな本ではなく、井内氏が提示する調教適性という理論は秀抜な作品に仕上がっていると思います。

この本で展開される調教適性という理論は、好走馬の調教パターンを把握し、その背後にある複雑なファクターが絡み合ってブラックスボックスと化している原因を、取材から得た調教師の発言も用いながら原因解明し、調教を分析するアプローチを井内氏は採用しており、唯一無二の「調教適性理論」として構築されているという印象を受けます。
本の帯にあります橋口師の「井内氏の調教データが参考になる」との発言も決して嘘では無い事がわかります。

調教師は各人各様にレースから逆算したスケジュールで調教を行っているとは思うのですが、甚だその調教が適正であったかどうかという点において、私自身疑問を多々持った事があります。
調教師の調教スケジュールが適正であったかどうかという予想家含め競馬関係者も検証を怠っていた問題を、新聞の調教欄から井内氏自身が「調教適性理論」を以って解答を用意したという点でも価値の有るドラスティックな事だと思いますし、調教欄を用いる予想まで昇華させた理論展開も含めて満点評価できる一冊でした。

日本近代競馬の調教理論を知るには最上の一冊です。


ただの攻略馬券本ではなく中身がしっかりしています。
今までの調教方法及びタイムの見方が変わり、予想も調教が中心になりそうです。

この競馬王新書シリーズは中身がないものが多い中では素晴らしい一冊です。


東大式麻雀 強くなる打ち方―ネット時代にも対応 “攻め”のセオリー

 
JUGEMテーマ:最近のマイブーム
JUGEMテーマ:麻雀ゲーム
JUGEMテーマ:麻雀
  
JUGEMテーマ:麻雀

東大式麻雀 強くなる打ち方―ネット時代にも対応 “攻め”のセオリー

【麻雀をマンガでわかりやすく解説!麻雀入門の決定版】
~マンガのあらすじ~
池田大学の麻雀サークル「国士」は、メンバーがたった3人の危機的状況。
新入生で麻雀初心者の東次君をむりやり仲間に引き込んで、
何とかサークルとして存続できることに…。
ところが部長の北原さん、副部長、西郷君の夢はでっかく、
学生選手権での優勝を目指している。
東次君、天然系美少女南国さんの1年生コンビと西郷君、
北原さんの4人がくり広げる青春麻雀ストーリー!?

【あがり役が覚えやすい誌面構成&付録】
麻雀といえば「あがり役」。
これが覚えられないから麻雀に手を出せない人も多いのでは?
本書ではそんな人のために、各あがり役がどんなものか、
どういうときにできるか、他のあがり役との複合例を解説。
巻末のあがり役早見表を切り取って使えば実戦でも問題なし!

【強くなる!打ち方の基本&点数計算を解説】
役を覚えたら知っておきたい、打ち方のセオリーと点数計算を解説。
初心者を卒業できるノウハウが満載!
巻末には点数計算早見表もついているので実用的!







口コミ

有名な東大式著者の井出洋介さん監修と表紙のイラストの可愛らしさにひかれて購入。
192Pの中で漫画はカラー28Pのモノクロ4Pで合計32P。
(メインイラスト・漫画はつなこさん。一部解説イラストにどいまきさん。)
漫画で解説というより解説文の途中に漫画(大学の麻雀サークル話)を織り交ぜている感じで
すべてが漫画で解説されているわけではないのでそこはご注意下さい。

全体的に解説は見やすく何より文章が優しく簡単に書かれているのでわかりやすい。
難しい漢字には細かくルビがあり、あがり役の解説はとても丁寧。
あがり役の図が大きく見やすいのでルールを覚えた後はあがり役カタログとして活躍しています。

本当にゼロから麻雀を覚えたいド初心者で表紙のイラストに好感が持てるなら買って損なし。
一度でもじっくり読めば、読み終わった直後に倍プッシュ気分でもう打てます。
自分にとってはそれくらいとっつきやすい麻雀入門書でした。


マンガが各章の初めに挿入されています。
なので文字ばかりの本とは違い入りやすいところがあると思います。
内容的には全くの素人の私でも十分わかりやすい解説になっています。
入り込んだ内容が特別あるわけではないですが、麻雀を始める上での決まり、
手順、役の解説など基本的な部分はちゃんと網羅されているので、
入門書として見れば申し分ないかと思います。


私は麻雀歴数年ですが、外で麻雀やる時の為にそろそろ点数計算を覚えようかな、と思って本書を購入しました。
計算方法、すごく簡単に載っていて助かりました。たった15Pで、分かりやすく解説されています。別書(東大式点数計算入門)も同時購入していたのですが、本書の方がずっと分かりやすいです。
また、麻雀歴数年の身であっても全てのページを見たのですが、これは入門者・初心者にはすごく良いなって思いました。ほとんどがオールカラーだし、練習問題や索引兼用語集が載っているのでかなり便利です。

今人気の電子タバコタバコをやめるならコレ!
ギャンブル関連本
沢尻エリカの写真集を見る
佐々木希のイメージ動画をみる

里中李生の競馬ノート

 
JUGEMテーマ:そのた
   

里中李生の競馬ノート

25年間にわたり、大幅な黒字を続ける気鋭作家の“秘蔵メモ”公開。競馬実践、虎の巻!

私は、単複主体のやり方を徹底している。本命馬が一~三着に入る「複勝率」は、57・1%(09年3~9月)。およそ三レースに二度、本命馬が馬券に絡むという事実がここに書かれている。
金の亡者になっても、競馬に勝つことはできない。でも、コンスタントにお金を増やすことはけっして難しくはない。そのために忘れてはいけないのが「競馬の基本」だ。
●勝負してはいけない一番人気の馬がいる
●騎手で買わなければならないレースがある
●「内枠」「外枠」…枠順を忘れてはいけない
●勝負レースは効率よく絞れ ……
本書は、競馬実践の書である。サラリーマンの貴方が、確実に「勝ち組」になる方法を具体的にアドバイスしたので、是非とも参考にしてほしい。

















【この本の口コミ情報】

里中師匠(ボクが勝手にこう呼んでる)の競馬本ということで、さっそく購入しました。師匠は単複党で、「3連単はボーナス馬券にすぎない」というふうなことを書いてるけど、本命馬が馬券になる確率は、本当に6割ほどもありました……。だから、師匠の教えには反しますが(笑)、この本は、3連単や3連複で儲けることに一番近道の本だと感じました(もちろん馬券は、自己責任ですよ)。軸一頭にすれば、買い目も減りますし。この春は単複に加えて、3連単で1・4・3のフォーメーション&マルチで36点。たっぷり儲けさせてもらいたいと思います。




ギャンブル関連本
芸能人・アイドルの写真集を見る
芸能人・アイドルのイメージ動画をみる
野球の本紹介
懐かしのドラマ

最強デジタル麻雀

 
JUGEMテーマ:麻雀ゲーム
  
JUGEMテーマ:麻雀

最強デジタル麻雀

小倉孝プロはプロ1年目で日本プロ麻雀協会のビッグタイトルである第3期雀竜位を獲得し、以後も第4期雀竜位、第7期雀王など数々のタイトルを獲得した若きトッププロです。本書では小倉プロの代名詞「デジタル麻雀」の真髄と言うべき打ち方を披露しています。また、自らも強豪プロである土井泰昭氏の手によってその打ち筋の斬新さ、優秀さがわかりやすく解説されています。
「字牌はダブ東から切る」「マンガン以上でもリーチをかける」などいままであなたが正しいと思っていたことがあっさりと否定される、まさに目からウロコの一冊です。












【この本の口コミ情報】


対象は初級中級上級全員だ。
それぞれ新しい発見があるだろう。
オンライン麻雀の速い鳴きについていけない人にはかなり役立つ。
鳴きが下手・苦手、速鳴きは抵抗があると自覚する人は思い切って買うのがおすすめ。

今まで中々説明されてこなかった鳴きの部分だが、自分の鳴きについて
この本を契機に再考してみてほしい。
今まで赤ありの鳴きの本はあったが、小倉の鳴く基準はシンプルで
わかりやすい。

鳴きの基準以外もリーチの基準、押し引きの基準、手作りの基準などシンプルで必要十分に説明してある。
小倉の本は上記の判断基準をしっかり述べているので今日から意識的にスタイルを変えられる部分が多い。

おしえて科学する麻雀と最強デジタル麻雀は食い合わせが良く、
かなり強くなれると思う。
できればあまり周りの人にすすめたくない、そんな本である。


なかなかの内容で、長村がデジタルと言っていた頃が笑えます。かなりドライというか極論という気のする部分もあるので、全部が全部優れていると言い切れるわけではないのですが、第1打字牌切り禁止といっている雀鬼流と、ダブ東切りの本著では後者を支持したいと思います。


役牌を絞ることに固執していた自分にとってはとても斬新な一冊であった。
数牌の有効性だけでなく、字牌を活かす部分についてなどももちろん述べられてある。

オカルトを一切排除した安定的、常勝的な麻雀が打てるようになれるかもしれない。
今もし麻雀に悩みがある、何かしら本を一冊買いたいのであれば自分はこの本を強く勧めたい。


| 1/16PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

おすすめ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM